先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > やってみよう!!実践編 知識 > 金の現物で取引したい場合の業者ってどこがいいの?

やってみよう!!実践編 知識

金の現物で取引したい場合の業者ってどこがいいの?

スポンサードリンク
【質問】 現在金の現物を持っているのですが、どこの会社(証券会社?)なら取り扱ってくれるのでしょうか?

【回答】


金の投資には様々あり、現物や先物、投資信託と多岐にわたりますが、今回金の現物を取り扱いたいということで回答させていただきます。


その前に、金の形態について説明します。


今回の質問においてこの金の形態について記載がない為、深く突っ込めないところが有りますのでまずはそこから説明したいと思います。


まず、金及び貴金属はネックレスなどのアクセサリーはもちろんの事、携帯電話の回路など多岐にわたって使われています。


よく使わなくなった携帯電話を回収するのも、この回路に含まれている貴金属目当てと言われています。


取引で用いられる金は大きく分けて2つに分類され、『金地金現物』と『地金型金貨』それとは別に金を毎月一定量購入する『純金積み立て』がありますが、今回は除外します。


『金地金現物』はインゴットやバーといった所謂『金の延べ棒』の事を指します。


取引されているインゴットは純度が厳格に決められており、その純度や99.99%と純金と言って差し支えないほど高く、「フォアナイン」とも呼ばれています。


重さも100gから1kgと様々あり、ミニ金取引でもこのインゴットを手に入れることができます。


それとは別に『地金型金貨』がありますが、これは所謂メダルのことを指します。


これは金地金現物のような金のみの値段ではなく、金の値段に加工費用やプレミア価格をつけた値段で取引されるものです。


ピンと来ない方はオリンピックのメダルを思い出してみてください、もしオリンピックのメダルが金の延べ棒と同重量にも関わらず、高く取引されていたとしたら……それでも買いたくなる!という人もいるかも知れません。


実際にオリンピックのメダルが取引されることはないと思いますが、この地金型金貨はオーストリア・カナダ・オーストラリア・南アフリカで発行され、各国で流通しています。


この地金型金貨には大きな弱点があり、それは金貨の損傷がひどかったり、金貨そのものの値が正常に取引できない自体に陥ったりした場合、加工費用やプレミア価格は消滅し金地金そのものの値段での価格になってしまうことにあります。


そう考えるとなると、地金型金貨は投資というよりはコレクションに向いているものと言えるのかもしれません。


余談ですが、日本でも金貨は発行されたことが都度あります。


その中でも一番高いものは『天皇陛下御即位記念硬貨』と言いまして、その名の通り現在の天皇陛下の即位を祝して日本銀行が記念硬貨として発行したもので、10万円もする純金製の硬貨でした。


さて、肝心の取引会社ですが、一番手頃で割安だと感じるのは、田中貴金属工業のような貴金属を専門に取り扱った所や小林洋行、岡藤商事のような商品取引員のいる会社、または東京工業品取引所での売買かと思われます。


金の現物はそれだけで価値がありますので、手元に保管しておくと盗難される恐れがありますので、取り扱う際は金庫などのセキュリティのしっかりとした所での保管を心がけてください。


【金取引できる会社】


1:田中貴金属工業株式会社


田中貴金属工業はその名の通り貴金属を専門に扱った業者ですが、販売店も充実しており、オンラインでの取引も出来る点が評価できます。


また、初心者の方でも分かりやすいようにトレードのはじめ方や相場情報、需給レポートなどが揃っていてかつ特定保管により、厳重かつ安全に管理されているので、手軽に始められるのではないかと思います。


2:岡藤商事のタートルプラン


純金・プラチナ積み立てのプランですが、等価交換での取引にも応じてくれるそうです。


取引に応じてマイルポイントもたまるので、長いお付き合いをするのならここがおすすめです。


3:石福金属興業株式会社


田中貴金属工業株式会社と同じく特定保管によって金を管理している会社で、安全性の面から見ると相当な信頼性があると言えるでしょう。


500gからは手数料が無料という点も評価したいところです。


4:三菱マテリアル


三菱の系列会社になります。


ここは株主優待を受けることが出来、権利期間中であれば値段の優待が受けられる点が大きなメリットと言えるでしょう。


また、他社ブランドの金も高く買い取ってもらえ、取引も電話一本で出来るという手軽さが売りだろ言えるでしょう


5:光陽ファイナンシャルトレード


取引手数料や年会費などの価格の面から見るとここが一番割安と言えましょう。


会社によっては取引手数料の他にも保管費や年会費を取る会社もありますが、ここは他社と比べると圧倒的に無料な点が多いです。