先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > やってみよう!!実践編 知識 > 先物の税金!!わかりやすく解説!!

やってみよう!!実践編 知識

先物の税金!!わかりやすく解説!!

スポンサードリンク



まず、先物取引におけ税体制は、申告分離制度と呼ばれています。


申告分離制度とは、所得とは別に得た収入に対し、その所得とは異なって、税の申告をしなければならないという制度です。


毎年年末になると、確定申告が話題になりますが、申告分離制度とは、大雑把に言ってしまえば、確定申告そのものとなるでしょう。


したがって、先物取引で得た利益は、確定申告をすることになります。


また、先物取引での損益などは、税務署にすべて報告されています。
したがって、利益や損失を繰り越したい場合は、確定申告を行わなければ、実施させることができません


仮に利益があっても申告しなかった場合、管轄の税務署から連絡が来る場合があります。


とにかく、先物取引を実際に行っているのであれば、利益もしくは損失に関わりなく、確定申告を行っていた方が得策です。


そうは言っても、雑所得などと同様、課税対象額が規定されています。


サラリーマンや会社員などの給与所得者が先物取引で利益を得た場合、20万円以下の時は、確定申告を行う必要がありません


多くの先物取引業者においては、取引ツールを使って、明細を確かめられます。


1年間の利益が20万円以下であるのかどうか、そういう取引ツールを使って確認することが可能です。


また、確定申告のような申告分離制度の場合、必要経費が差し引かれて課税<されます。


たとえば、収益が100万円であり、必要経費が50万円であれば、差し引きの残りである50万円が課税対象です。


仮に残りが20万円であれば、確定申告する必要はありません。


さらに、課税率は、20%であり、所得税15%、住民税5%の割り振りになっています。
先の例で言えば、課税額が50万であれば、10万円が税金となり、約3万円程が住民税となります。


なお、主婦が先物取引で収入を得た場合も、確定申告が必要です。
仮に収入が多ければ、健康保険の被扶養者と見なされなくなるため、別途自分名義の健康保険が必要になります。その場合、国民健康保険が対象となり、もちろん、年金についても、同様です。