先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > 知っておきたい!!基礎知識 > 商品先物取引やる人は必読!!倍率について

知っておきたい!!基礎知識

商品先物取引やる人は必読!!倍率について

スポンサードリンク



商品先物取引において、必ず知らなければならないのは、倍率になります。
倍率を知っていることで、現状、どれくらいの利益があるのか、
あるいは、どれくらいの損をしているのか、認識できます。



端的に言えば、倍率とは、競馬のオッズのようなものです。
競馬のオッズは、馬の人気度によって、導き出される倍率になりますが、
商品先物取引においては、呼び値と言われる最小単位で、
取引量を割った値が、倍率に当てられます

つまり、取引量÷呼び値=倍率、となります。


この倍率は、競馬のオッズにおいては、レース毎に変わりますが、
商品先物取引においては、商品毎に異なっています。
要するに、個々の先物商品において、取引量も呼び値も相違する
と言うことです。


例えば、金の場合、取引量が1kgになり、呼び値が1gになります。
そのため、上記の倍率の式に当てはめると、倍率が1,000倍になります。


仮に、金の先物市場において、10円の値上がりがあった場合、
単純計算で、10,000円の儲けになります。
すなわち、10×10000=10,000円となるからです。


しかし、あまり細かいことを考えずに、
とりあえず、現状の損益を理解するためには、
取引している商品の倍率を覚え、
市場価格の動向を探るべき
でしょう。


競馬において、オッズの計算方法を知らなくても、
オッズとはどういうものか覚えておくことで、
競馬でのレース結果によって、損益を導き出せることと同様です。