先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > 初心者必見!!ここは押さえたいポイント > CFDの業者選びでチェックするポイント

初心者必見!!ここは押さえたいポイント

CFDの業者選びでチェックするポイント

スポンサードリンク



CFD取引では銀行などにお金を預ける事と違い、
CFD業者が倒産すると、お金は戻ってきません

それはCFD取引が、市場を介しての取引ではなく、
CFD業者との相対取引だからです。


株取引でも証券会社を介しますが、ちょっと違います。
証券会社は投資家との仲介役の立場で、
購入した株は第三者である証券保管機構で保管されるから
です。
その為、< b>投資家が購入した株は保護されています。
証券会社が倒産したとしても、例外ではありません。



CFD業者の危険性は理解されたと思います。
その為、倒産など資金喪失のリスクを減らす為、
業者選びに注意する必要があります。
そのチェックポイントは3つあります。


1)分離管理


ここは非常に重要なポイントです。
投資家の資金と業者の資金を一緒にしておらず、
別々に管理しているか
・・・です。


これはある意味CFD業者の資金管理の基本です。
業者の運転資金と投資家の資金、
自分と他の人のお金を混合してしまうような業者は避けるべきです。


2)信託保全


信託保全とは、資金の管理運営の方法のひとつです。
投資家のCFD資金を信託銀行に預けることで管理しています。
これなら業者の資金と完全に別離しているので安全ですね。


業者によってではなく、銀行により管理されているので、
仮に業者が倒産したとしても、大きな損失はまず少ないでしょう。
これは投資信託でも採用されている管理方法です。
リスク管理としてはいい方法です。


3)自己資本規制比率


事故資本規制比率とは、CFD業者がもっている総資金がまずありますよね。
その内、経営に使用する資金以外の余裕資金・・・
キャッシュフローが十分あるかを示す割合のことです。


これは金融商品取扱法にて一定の比率が必要と定められています。
CFDを扱う業者の場合は120パーセントですね。


これはCFD取引で急激な変動などのリスクが発生した場合、
どれだけそれに対応できるかも示しています

その為この自己資金規制比率が高いCFD業者ほど、
倒産リスクも少なく、投資家は安心して取引ができます。


この比率は定期的に公表されています。
3月、6月、9月、12月と三ヶ月ごとです。
必ず確認しましょう。


不透明な資産管理は信用できませんし、
投資家が損害を受ける場合は多くが業者の倒産によるものです。
管理は必須です。
以上3つの業者選びのポイントを紹介しました。


口座開設前にしっかりチェックされた方がいいと思います。