先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > 初心者必見!!ここは押さえたいポイント > CFDのレバレッジのリスクに注意!!

初心者必見!!ここは押さえたいポイント

CFDのレバレッジのリスクに注意!!

スポンサードリンク



レバレッジはてこという意味の通り、
少ない金額でも大きい利益を得ることが可能な制度ですが、
ハイリターンということはすなわち同時にハイリスク
でもあります。


高レバレッジの100倍を使用し、
10万円の利益がでた場合を想定してみましょう。
利益がでる方に動いていれば問題ないです。


ただ逆に価格が動いてしまった場合・・・・
この場合10万円の損失になってしまいます。
ちょっと怖いですね。



株の現物取引では、自己資金の中の売買ですから、
マイナスまでいくことはありません

運用資金の中で納まるわけです。


仮に保有している株式会社が倒産してもゼロになるのみです。
とはいっても損失のリスクはあるわけですが・・・。


ただCFD取引でレバレッジをかけて行った場合は話が違います。
自己資金の数倍の利益をだすことができるレバレッジですが、
それはすなわち同じだけの損失もだすことができるということ
です。


例えば、20万円の自己資金で
200万円の利益がでる取引ができたとします。
全く逆に動いた場合200万円の損失になります。
自己資金を大きくオーバーしていますね。


そこまでいくことは少ないと思いますが、
この場合、資金を補充しなくてはいけません。
この一例でかなりのリスクなことは承知頂けたと思います。


CFD取引では、同じレバレッジでもFXのレバレッジとは
違う点があることも注意が必要
です。


FXはレバレッジを1倍〜200倍ほどと
設定が自分で調整しつつすることができます。
CFD取引では自分で調整することができないのです。


商品ごと、又は自己資金のレベルなど考え、
最初からレバレッジが設定されています。
もちろん、高レバレッジの商品もあり、
それは高リスクもあることから、
扱うには注意が必要になるでしょう。


損切りという言葉は聞いたことがあると思います。
リスクを考える時重要になってくることで、
自分で決めなくてはいけません。


ちなみに「損切り」とは購入した商品がある程度の額下がったら、
損失を承知で売却してしまうことです。
ここで見切りをつけないとずるずる損失が広がり、
どうしようもなくなることがあります。


初心者はまず低レバレッジでの運用をお勧めします。
リスクのある取引な以上、慣れの為の練習期間も必要です。
いきなり高レバレッジを使用し、退場では目もあてられません。


ビギナーズラックでいきなり大きく利益を得ることもあるかもしれませんが、
長く続きません。
時価の商品は売買のタイミングが全てです。


買うタイミングや売る時のタイミング・・・・
これらを掴んだ時に高レバレッジの
取引を行った方がいいと思います。

目的は皆さん資金を増やすことだと思います。
ですが、リスクを承知していないと、
逆に借金になりかねないことを忘れてはいけません。


リスク管理・・・
大切な言葉です。