先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > 初心者必見!!ここは押さえたいポイント > CFDのメリット!!オーバーナイト金利

初心者必見!!ここは押さえたいポイント

CFDのメリット!!オーバーナイト金利

スポンサードリンク



「オーバーナイト金利」という言葉はご存知でしょうか。
それはCFD取引で株式に投資する場合に発生します。
この取引のメリットの一つですね。


スワップ金利の方はFXでおなじみですね。
二カ国間の通貨の金利差にて発生する金利です。
このオーバーナイト金利はこのスワップ金利と
同じ意味合いをもつ金利
です。


スワップ金利では金利が高い通貨を購入すれば、
プラスのスワップでお金を受けとることができます。
これを目当てにしている方も多いです。


ですが、逆に金利が低い通貨購入する場合は
支払う必要がありますね。



オーバーナイト金利は同じ意味合いを持ち、仕組みは同じです。
ただ、このオーバーナイト金利はスワップ金利と違い、
株式での全ての売りポジションで発生
します。
金利差が生じた場合ではないのです。


要するに株取引で信用取引をした際にできる
空売りで売り注文をだした時に発生する金利が
オーバーナイト金利
なのです。


何故オーバーナイトという名称なのかというと、
空売りをした銘柄のポジションを保有したまま
日付が変わると発生するからです。
ここはスワップ金利と同じで毎日発生します。


空売りで発生する金利なので、オーバーナイト金利は
売り側のみ有利
になります。
受け取ることができますから当然ですね。


売ることで金利がもらえ、買うことで金利を支払うことになっています。
このオーバーナイト金利は通貨の金利差でないので、
国内の株を売買した際にも発生します。


オーバーナイト金利の一例をだしてみます。


日本株を購入した時の金利で、日本の政策金利が2パーセントだとします。
ここで金利は2パーセント+CFD業者が設定している手数料、になります。
仮にCFD業者の設定している金利が3パーセントなら合計5パーセントです。
買いからはいっていますから、年利5パーセント支払うことになります。


オーバーナイト金利は年利ですが、毎日日にちが変わるごと発生しています。
その為、365日で割った価格が1日のオーバーナイト金利です。


CFD取引ではFXと同じく、レバレッジがかけられます。
10倍設定でしたら、5パーセントに10をかけた金利・・・
50パーセントがオーバーナイト金利になります。すごい数字ですね。


ここで高い金利の通貨で株を購入する場合のことを考えてみましょう。
イギリスを例にしてみます。
仮にイギリスの政策金利が5パーセント、
CFD業者の手数料を3パーセントとすると、合計8パーセントになります。


売りではオーバーナイト金利はもらえますし、
レバレッジ10倍なら金利は80パーセントという数字になります。


この数字を聞くと、オーバーナイト金利狙いで売りばかりしたくなりますね。
ですがFXでもそうですが、本来最も大きい収入になるのは
株価の変動による差益です。


その為変動がマイナス方向に20パーセントもいけば
大きく負けてしまいます。
その前に高レバレッジだと、証拠金割れの危険もあります。


プラススワップは確かにすごく魅力的ではありますが、
マイナス方向に行った際のリスクも承知しないといけないのです。
しかも政策金利は政情によって変化します。
一定ではないのです。


CFD取引ではFXのスワップと同様にオーバーナイト金利は
利益を考えた場合、常時気をつけなくてはいけません。
気楽に行える取引はないということ
です。