先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > そもそもCFDとは? > CFDは空売りからも入れる!!

そもそもCFDとは?

CFDは空売りからも入れる!!

スポンサードリンク



株取引で利益を上げる方法は、まず現物の取引があります
これはある銘柄の株を購入し、価格が上がった場面で
売却、利益を得るということです。


それともう一つ「カラ売り(空売り)」というものがあります。
これは信用取引の一つです。


空売りの場合、売りから入るので、現物の購入と逆で、
価格が下がれば下がるほど、利益を得ることができます。


今回の金融恐慌ではこの方法を利用し、
利益を上げた方も多いと思います。
株価が下がっている時こそチャンスになっています。



空売りとは何か説明しましょう。


自分が保有していない株式を売却し、
下がっている時に買いもどしをします。
その差額を利益として得る方法
です。


しかし空売りでは、逆に株価が安くなればなるほど、
収益がでる仕組みになっています。
しかも証券CFDでは何回も取引を行うことができます。
その為、収益をだす確立もあがるのです。


しかし、そもそも保有していない株式を売るとは
どういうことでしょうか?
仕組みについて書いてみたいと思います。


空売りの際売却する株式は本人が保有していないもの
ということは言ったと思います。
ではどこから株式を持ってくるかというと・・・
証券会社からです。


証拠金を反保に株を借ります
ここで重要なのはあくまで買うのではなく、
借りているということです。
借りただけですから、当然返さないといけません


そして、次に借りた株を売却します。
例えばある銘柄・・・みずほ銀行の株を例にとってみましょう。


株価が100万円の時株式を売却します。
そうすると手元には売った価格の100万円がありますね。
手元に株式はなくなります。


ですが、借りただけなので、返さないといけません。
となると買い戻す必要があるわけですが、
株価は時価ですので、その時によって価格が違いますよね。


下落して株価が70万円になったとしましょう。
その時買い戻せば、差額の30万円が手元に残ります。
それが利益となるわけです。


そして買い戻した株は証券会社に返却します。
これが空売りのルールです。


ただし、逆に損失がでるパターンもあります。
それは予想に反して株価が上昇した時です。


例えば、先ほどのみずほ銀行の株式で
120万円に上昇したとしましょう。
現物株式の購入でしたら喜ぶところですが、
空売りの場合、高く買い戻さなければいけなくなります。


決済した場合は20万円の損失ですね。
この損失額は証券会社に預けた証拠金で清算されています。


一般的に金融商品は市場が下落傾向の時は
買うべきではありません。
ですが、この空売りなら下落傾向にあっても
利益を確保することができます

CFD取引の大きな利点ですね。