先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > そもそもCFDとは? > CFDもレバレッジをかけられます!!

そもそもCFDとは?

CFDもレバレッジをかけられます!!

スポンサードリンク



CFD取引は証拠金取引の一種で、レバレッジをかけることができます
取引口座を開設、資金をいれるとその額が証拠金になるわけです。
そして初めて取引スタートとなります。


CFD取引は証拠金は元手により大きな金額での取引が可能となっています。
そこででてくるのがレバレッジで、この倍率によりその額は異なってきます

そこがCFD取引の大きな魅力ですね。



レバレッジはてこという意味で、
少ない資金で大きな利益を得ることができます。
ただし、レバレッジを高くすると利益は上がりますが、
その分マイナス方向にいった際の損失は大きい
です。
リスクはあるということですね。


FXのレバレッジと違うのは
証拠金自体にレバレッジの倍率がかかる
ということです。
元の資本金が多くすればそれだけ大きな取引が可能です。


レバレッジは1倍から始まり、
FX業者の例では400倍ということもあります。
ただ金融庁の規制が今検討されているので、
この高いレバレッジはいつまで可能かはわかりませんが・・・・


例えば、10倍のレバレッジを使用し、
10万円預けた場合を想定してみましょう。
証拠金自体にレバレッジをかけるので
10×10で100万円の資本金にて運用する取引が可能になります。


一倍では証拠金が10万円で3万円の利益がでる取引でも、
10倍のレバレッジをかけ同じ取引をすれば、
×10で30万円の利益が発生します。
高い利益効率が期待できます。
レバレッジが高いほど利益は高くなります。


一般的にレバレッジをかける倍率は
2倍から100倍となっています。
この倍率は業者によって異なりますが、
大差はありません。


レバレッジをかけて資金を確保し、
投資商品を購入することになります。


この投資商品を購入するには、
購入価格の何パーセントの証拠金が必要・・・
という率があらかじめ設定されています。


資金が不足していても、レバレッジをかければ
購入できることにもなりますので、
取引がより容易にできることになりますね。


今プラス方向のことのみ言及しましたが、
金融商品は時価なので、
マイナス方向に動くことももちろんあります。
その場合レバレッジが高いと、
マイナスの額も大きい
ことを忘れてはいけません。


高レバレッジはすなわち高リスクです。
高レバレッジほどハイリスクハイリターンで、
ギャンブル性も高くなります。


ですが、多くの利益が得られる魅力はやはり大きいので、
その点を注意しつつ自己責任で行うのが良いでしょう。