先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座

先物取引 - 初心者のための「商品先物&金」入門講座 > やってみよう!!実践編 知識

やってみよう!!実践編 知識

スポンサードリンク

商品先物取引の2つの取引方法 〜ザラバ取引と板寄せ取引〜



商品先物取引においては、2つ取引方法があります。
1つは、「ザラバ取引」
もう1つが、「板寄せ取引」です。


まず、「ザラバ取引」になりますが、
これは、取引時間帯が決まっています


証券取引と若干異なる点があり、また、各取引所で、
開始および終了時間が違いますが、共通している点は、
1日のうちに、前場と後場があり、前場が午前、
後場が午後の取引時間になります。


「ザラバ取引」のルールとしては、
2つの原理を元にしています

すなわち、価格と時間の優先になり、
買いと売りが合致した時点で、
取引が成立
します。


これは、世界標準の取引方法で、
株式取引においては、主要なルールになっています。


そのためか、売りにおいては安値が、
買いにおいては高値が優先されます。
もし同じ値段での注文があった場合、
時間優先の原理で、注文の早い方が
優先します。

「商品先物取引の2つの取引方法 ...」詳細はこちら

商品先物取引の注文方法をチェック!!



先物商品取引市場で行われる注文方法は、
基本的に2つの方法
になります。

しかし、トレーダーの利便性を考え、様々な条件を伴った注文方法が、
上記の2つ以外の方法として、実施されています。


以下、「基本的な注文方法」「条件による注文方法」
というカテゴリーに分け、先物商品取引の注文方法について、
お話します。

「商品先物取引の注文方法をチェッ...」詳細はこちら

商品先物取引はリスク管理が命!!



ハイリスク・ハイターンの投資として、
最も有名なものが、商品先物取引、
といっても、過言ではありません。


リスク管理をしっかり行わなければ、大損害を被りかねません。
以下の3点は、回避方法としてのリスク管理になります。


1.資金分配


商品先物取引において、よく言われることは、
「熱くなったら負け」ということです。


これは、「投資を投機にするな」とも言えることで、
商品先物取引を決してギャンブルに
するな、ということです。

「商品先物取引はリスク管理が命!!」詳細はこちら

商品先物取引では…リスクヘッジを活用しよう!!



商品先物取引において、
リスクヘッジを活用することは、
重要な投資活動に繋がります。


まず、リスクヘッジとは、
将来の不確定要素を排除すること
、つまり、
事前に市場で起こり得る将来の価格を確定し、
取引することに、その特徴があります


リスクヘッジには、以下のような二つのものがあります。

「商品先物取引では…リスクヘッジ...」詳細はこちら

先物市場の混乱を防ぐために…ストップ高とストップ安



先物取引において、証拠金の担保力が追いつかなくなると、
先物取引市場に、大きな混乱を招く可能性があります。
そういう働きを防止するために、約定値段制限幅
というものがあります。


これは、取引所が、前の日の終値(前日大引け値、ともいいます)から
上下動できる値の範囲を決めること
になります。
それには、ストップ高とストップ安というものがあります。

「先物市場の混乱を防ぐために…ス...」詳細はこちら

商品先物取引の口座を開設するには?手順をチェック



多少の相違はありますが、以下において、
オンライントレードが可能な商品先物取引に関する
口座開設手順をお話します。


まず、取引会社のホームページに接続し、
該当ページで個人情報を入力
します。


通常は、口座開設や資料請求というコンテンツがあり、
その中に、口座開設のための入力フォームがあります。
氏名、住所、電話番号、職業、年齢、連絡先、
メールアドレス、銀行口座等を入力します。


続いて、必要書類を郵送することになります。

「商品先物取引の口座を開設するに...」詳細はこちら

もちろんかかります…先物にも手数料…



まず、基本的に、先物取引においても、
取引毎に、手数料が掛かります。


これは、先物取引を行うために口座開設をした
取引会社に支払うもので、
取引委託料、と言うこともできます。

「もちろんかかります…先物にも手...」詳細はこちら

先物の税金!!わかりやすく解説!!



まず、先物取引におけ税体制は、申告分離制度と呼ばれています。


申告分離制度とは、所得とは別に得た収入に対し、その所得とは異なって、税の申告をしなければならないという制度です。

「先物の税金!!わかりやすく解説!!」詳細はこちら

金の現物で取引したい場合の業者ってどこがいいの?

【質問】 現在金の現物を持っているのですが、どこの会社(証券会社?)なら取り扱ってくれるのでしょうか?

「金の現物で取引したい場合の業者...」詳細はこちら